座礁修理 (ヨット)



ラダー製作

シャフト・ブレード共に損傷があったため、
新しく製作した

(ブレードが脱落し、形j状が明確でないため、
同型艇オーナーの協力を得てブレードの型抜きをした)

ラダー軸受けがアルミ製のため腐食が始まり、
その圧力によってラダーの動きが重くなっていた

軸受けを他の材質に交換し、スムーズな動きを確保
内部フレームのオーバーレイも
全て外れていたので、撤去し
損傷部分を修理した上に新たに貼りなおした

積層を広く厚めにしたので、
従来より強度が増した
ハル・ボトムも各部に損傷があったため、
各々適切な資材を使い修理した
完成