スピーカー用球形ボックス 
前回のDjブースに続いて、FRPスピーカーボックス2台設置した


型作り・FRP成形・タイル貼り・設置までのすべての工程を
弊社グループの力を結集してやり遂げた。

まず、正確な球形をFRPで製作するには高度な技術が必要であった。
次に直径 1.3m の球形に 1cm角の細かな特殊形状タイルを貼りつけるのは精細な技術が必要で
熟練の職人の腕なくしては完成できなかった。
世界的に有名なデザイナー会社からの要求に応えての完工は、多くの工夫や技術の積み重ねを呼び起こし
弊社の大きな自信となった。

特殊な形状の造形物を製作するに当たり、ゼロからのスタートに困難や
戸惑いは必至で、失敗ややり直しを重ねつつも完工できたことに
感激を覚えている。
数々の無理な要望に応えてくれたスタッフの皆にはただただ感謝。 
↓ NCルーターで型用フレーム製作((株)日本チークデッキングシステムズで製作)
↓ オス型製作 フレーム組み付け
↓ オス型製作 バテン板クロス張り
↓ FRP製メス型製作 (半球で製作)
↓ FRP半球製作後、2個を合体
↓ 凹凸がないように綿密にパティで仕上げた
↓ 24000個のタイルを1つ1つ手作業で貼り付け
↓ 完了設置
↓ スピーカーと前回納品したDJブース
↓ 今回設置したディスコの入口付近